戊辰戦争研究会の掲示板



[3128] III 米国での不思議な思い出 Name:村上久三郎 2018/06/12(火) 22:13 
 オハイオ州の南にケンターキ州がある。フォスターや丸木小屋のリンカーンはこの州の出身である。私が不思議に感じたのは「シェ−カータウン」という町である。
19世紀末には300名くらいの人たちがこの町で暮らしていた。宗教の一派らしい。
 この一派は子供を産まない宗教だったそうだ。学校、郵便局、鍛冶屋など生活するに必要なものはあるが、いずれ町は絶えて消えゆく運命にある。最後の一人が、たしか1930年代に亡くなり、町は終焉した。米国には「消えゆく美」というか「無常」のような思想があるようだ。この町には昔の建物や道具が残っており、観光名所になっている。

 話は変わるが、私の兄が最も感銘を受けた歌がフォスターの「スワニー河」である。村上在郷気質とフォスターの歌も不思議である。大正時代、故郷集落に「カフェー」があったそうだ。コーヒーの喫茶店である。私は3歳ころ、親戚の家で、米国製おもちゃに乗って囲炉裏の周りをグルグル廻って遊んでいた。

 それにしても、17歳の若さで夭逝した女性、アンネ、シェカータウンの最期、フォスターの最期は寂しいです。

このシリーズはこれで締めます。



  



無料レンタル掲示板 WEBでき