戊辰戦争研究会の掲示板



[3124] [ 村上在郷気質ー奥三面集落 Name:村上久三郎 2018/06/05(火) 22:03 
「奥三面(おくみおもて)」という集落は山間部にありましたが、昭和30年代に始まったダム建設により、現在、湖底に眠っています。戦後、この集落の人々が私の生家に泊りがけで参りました。
 その後、奥三面の方々は、村上駅の近くに移動されました。昔の集落の方々と私の祖父、父、兄とはずいぶん交流がありました。
 最近、私は村上駅の近くの「奥三面」へ行き、あるお婆さんと会い、本当の心情を聞くことができました。「昔の集落から出たくなかった」という話でした。ただ、当時の県政にはどいうすることもできなかったようです。このことは、本にも書いてあります。
 ダムはいつかは壊れるときがくるわけです。ダム建設時から、村人が恐れたのが「ダムの決壊」です。作ったものは、いつか必ず壊すときが来るのです。



  



無料レンタル掲示板 WEBでき